ハゲる人とハゲない人には決定的な差があった!それぞれの特徴と対策

プランテルEX博士

ハゲる人とハゲない人には決定的に大きな差があるんです。ハゲる人とハゲない人の違いやその特徴を知ることでハゲ対策につなげていきましょう!

あなたは大丈夫?ハゲやすい人の特徴と対策

誰でもハゲたくはないですよね。

実は将来ハゲるかも知れない人にはある共通点があったんです。今は大丈夫な人も、ちょっとヤバいかなって危機感を感じている人も、ハゲやすい人には特徴がありますので見ていきましょう。

すぐにできるハゲ対策法はこちら >>

ハゲやすい人の特徴と対策①:AGA

AGAでハゲる

AGAとは、「男性型脱毛症」とも呼ばれる症状のことを指し、薄毛で悩んでいる日本人の多くの方を悩ませています。

AGAの主な仕組みは、テストステロンという男性ホルモンが、5αリアクターゼという還元酵素と結びついて、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロン(DHT)が多く生産されると、髪の毛の成長サイクルを乱れさせて、髪の成長を妨げます。

成長サイクルを乱された毛髪は、太く長く伸びる成長期が短くなってしまい、細いまま成長サイクルが終了してしまい、つむじや生え際のハゲにつながってしまうのです。

簡単にハゲ進行の流れを整理すると以下の流れになります。

ハゲ進行1
「テストステロン」が分泌される
ハゲ進行2
テストステロンが「DHT」に変異
ハゲ進行3
DHTが髪の成長サイクルを乱す
ハゲ進行4
髪の成長期が短くなってつむじや生え際のハゲ進行

AGAの対策:育毛剤での育毛対策

今生えている髪の毛を育てて、今ある状態を保持したい人やハゲ予防をしたい人におすすめは育毛剤での育毛対策です。

育毛剤には、天然成分などで作られた育毛有効成分が配合されたものも多いですね。主に医薬部外品のものが多いです。なので、AGA薬のように副作用も無いので気軽に始めることが出来ます。

育毛剤で育毛対策するならコレ >>

ハゲやすい人の特徴と対策②:食生活の乱れ

食生活が乱れるとハゲる可能性が高くなる

髪の毛はケラチンというタンパク質で出来ていますが、このケラチンを構成するにはタンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルなどバランスの良い栄養が必要です。

髪の毛は人間の生命維持には直接関係が無いので、栄養が回ってくるのも後回しになります。ですので、栄養が不足すると、必要な栄養素が髪の毛に届かない事態になってしまうのですね。

食生活の乱れへの対策は3つ

健康的な毛髪のために次の3つの栄養素が重要です。食生活を乱すことなく、3つの栄養素を摂取していくようにしましょう。

毛髪のための3つの栄養素

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • ミネラル類

それぞれ、以下の点に注意しましょう。

食生活の乱れへの対策①:タンパク質

主に肉、魚、牛乳、卵、枝豆、チーズ、納豆、なめこなどに良質なタンパク質が配合されています。これらの食材をバランスよく食べることを心がけましょう。

バランスよく食べないで肉ばっかり、魚ばっかりといった偏った食材からのタンパク質の過剰摂取は、それに比例して脂肪摂取量も増加するでしょう。

主食、主菜、副菜を基本に、 さまざまな食材をバランス良く摂取するように心がけ 、偏りのない食生活を心がけましょう。厚生労働省の発表によると、タンパク質を摂取する際の推奨量は一日当たり成人男性で60g、成人女性で50gです。

食生活の乱れへの対策②:ビタミン類

髪にいいからと言って、タンパク質だけを摂取していても健康的な毛髪を維持することはできないのです。

吸収したタンパク質を体内で合成するのにビタミンが必要になります。

必須ビタミン

  • ビタミンB6→にんにく、まぐろ、カツオ
  • ビタミンC→アセロラ、柑橘類、緑黄色野菜
  • ビタミンA→うなぎ、鶏レバー、人参
  • ビタミンE→筋子、ピーナッツ、モロヘイヤ

ただし、これらをたくさん摂取していても、食品添加物が多く含まれるファストフードやインスタント食品ばかり食べている人は要注意です。食品添加物が肝臓で解毒される際にビタミンを消耗します。ファストフードやインスタント食品のようなジャンクフードばかり食べている人は食生活を改めましょう。

食生活の乱れへの対策③:ミネラル類

ミネラル類もビタミン類と同様にタンパク質を合成するのに必要な栄養素です。

まとめ

  • 亜鉛→生ガキ、鶏レバー、パルメザンチーズ
  • 鉄分→豚レバー、アサリ、納豆、ひじき
  • マンガン→生姜、しそ、干しエビ

ただし、 食品添加物を含む加工食品やレトルト食品をよく摂取する人には注意が必要です。

ポリリン酸などの食品添加物は亜鉛の吸収を邪魔してしまうのですね。思い当たる方はこれらの食生活を改善してください。

ハゲやすい人の特徴と対策③:お酒の飲み過ぎ

お酒を飲み過ぎる人はハゲる可能性が高くなる

ハゲ原因 飲み過ぎ

お酒を飲みすぎる方はハゲる可能性が高く要注意です。

アルコールの大量摂取すると、アルコールを分解するのに大量のアミノ酸が必要になります。すると体内のアミノ酸が使われ、髪の毛の主成分のケラチンを作るためのアミノ酸まで使われてしまうことがあるのです。

また、体内にアルコールが入るとアセトアルデヒドという悪性の物質が増加します。このアセトアルデヒドにはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を増加させる働きがあるのです。

肝臓ではこのアセトアルデヒドを分解して無害な酵素に変えていくのですが、アルコールを大量に摂取すると、分解しきれずに残ったアセトアルデヒドが体を循環してしまいます。

つまり、アルコールを飲みすぎると

  • 肝臓で髪のもとになるたんぱく質がつくれない
  • アセトアルデヒドがハゲの原因ジヒドロテストステロン(DHT)を増加させる

これらの現象が起こり、ハゲを進行させてしまいます。

お酒の飲みすぎへの対策簡単!ズバリ「適量にする」

お酒はあくまで適量を飲むことが大事です。飲み過ぎはよくないです。

お酒の適量とは24時間以内で代謝可能な量のことで、お酒の適量は一般的には、

お酒の適量まとめ

  • 清酒:180ml(1合)
  • ビール:500ml(中瓶)
  • ワイン:120ml(1杯)
  • 焼酎:180ml(1合)
  • ウイスキー:60ml(ダブル)

とされています。

これには個人差があったり、その日の体調によっても変わってくるのであくまでも目安として考えてくださいね。

ハゲやすい人の特徴と対策④:喫煙

喫煙している人はハゲる可能性が高くなる

喫煙をすると髪に次のような影響を髪に及ぼします。

  • 毛細血管を収縮させる
  • ビタミンCが大量に消費される

たばこに含まれているニコチンは毛細血管を収縮させる性質をもっています。血管が収縮すると血流が滞り髪に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

また、喫煙すると体内に取り入れた活性炭素を除去しようとビタミンCが使われてしまうため、髪の成長に大切なビタミンCも失われてしまいます。

喫煙している人の対策も簡単!ズバリ「禁煙」

言葉で言えば、簡単なことですが、ズバり!禁煙しましょう。

吸いたくなったときに自分だけでも対応できることは

  • タバコの煙がある環境に近づかない
  • 喫煙したくなったらガムを噛む

などがあります。

また、禁煙外来に通ってみるのもおすすめします。禁煙治療は健康保険の対象になるんですよ。気軽に相談してみてくださいね。

ハゲやすい人の特徴と対策⑤:睡眠不足

睡眠不足な人がハゲる可能性が高くなる

ハゲ原因 寝不足

主に睡眠中に分泌される成長ホルモンによって髪の毛はメンテナンスされます。睡眠不足になると、この成長ホルモンの分泌量も少なくなってしまいます。

そして、成長ホルモンの分泌量が上昇するのは22時から2時までの間です。毎日夜更かししていて、この時間帯に睡眠がとれていないと成長ホルモンが十分に働きません。

また、毎日寝る時間が決まってなくて不規則な睡眠をとっていると、副交感神経の働きが低くなり、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

睡眠不足への対策

自分に適した睡眠時間は人によってそれぞれ違います。夜更かしはなるべく控えて、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

特に成長ホルモンの分泌量が上昇する22時~2時の時間帯には寝るようにしましょうね。

ハゲやすい特徴と対策⑥:ストレスを溜め込む

ストレスを抱えやすい人はハゲる可能性が高くなる

人間は大きなストレスを受けると、自律神経が緊張し、血管の収縮してしまいます。すると血行が悪くなって、十分な栄養分が毛髪に行き渡らなくなります。

また、ストレスによって自律神経が乱れると、不眠になってしまい、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。

ストレスを抱えやすい人はハゲる可能性が高いのです。

ストレス対策

ストレスの解消法には、

  • 散歩やジョギングなどで体を動かす
  • 趣味の時間をゆっくり楽しむ
  • 悩みをひとりで抱え込まずに誰かに相談する

などがあります。

他にも沢山ありますが、自分にあったストレスの解消法を見つけてストレスと向き合っていくことが大事ですね。

ハゲやすい特徴と対策⑦:合わないシャンプー

シャンプーが合っていないとハゲる可能性が高くなる

皮脂が多く過剰に分泌されて毛穴が詰まるのは問題ですが、だからといって皮脂を取り過ぎてしまうのも頭皮・毛髪にとって良くありません。

特に、ハゲでお悩みの方には、高級アルコール系シャンプーとシリコンシャンプーはおすすめできません。

高級アルコール系と言われるシャンプーは洗浄力が強いので必要以上に皮脂を奪ってしまうことがあり、シリコンシャンプーは育毛剤の浸透を邪魔してしまうことがあるのです。

シャンプーが合わない人への対策

ハゲ・薄毛で悩んでる人には、アミノ酸系×ノンシリコンのシャンプーがおすすめです。

アミノ酸は人間の体と同じ構成物質で頭皮に優しく、ノンシリコンは育毛剤の浸透を邪魔しないので、育毛剤の効果を十分に活かすことができます。

ハゲない人の8つの共通点!ハゲる人とは何が違うの?

ハゲ 気になる 30代

日本人の成人男性の3人に1人はAGAと呼ばれる遺伝性のハゲの問題に悩まされているそうです。10代でも10%の人がハゲを気にしていると回答している現実があります。

成人男性ではどの年代でも育毛剤などでハゲ対策を行なっている人が半数を超えていて30代の男性がもっともハゲ対策をしており64%の人が何かしらの対策を行なっています。

しかし理不尽なことにハゲ対策をしてもハゲになる人が存在する一方で、ハゲ対策にはよくないことを平気で行って全く髪の毛のケアをしていないのにハゲにならない人も存在します。

この差はどうして発生するのでしょうか?

ハゲにならない人たちの共通点についてまとめました。

ハゲない人の共通点

生涯フサフサでハゲることのない人たちにはどんな共通点があるでしょうか?

もし、自分がハゲるのではないかと心配している人もこの共通点を持っている場合、案外ハゲない可能性の方が高いことに気づくかもしれません。

体毛が薄く女性ホルモンが多め

男性のハゲで代表的な原因がAGAです。男性の3割にみられているハゲの原因です。この原因は男性ホルモンにあります。

男性ホルモンが多い人は体毛が濃くて、髪の毛が薄くなりやすい特徴があります。逆に女性ホルモンは髪の毛をコシ・ハルのあるしなやかな髪の毛に成長させる効果があって、体毛を薄くする働きがあります。

ですので、女性ホルモンが多めの人は性格も穏やかになるそうです。けれども必要な男性ホルモンが低下している男性は筋肉にも影響を及ぼして、代謝を減少させてメタボ体型を誘発します。さらに精神的にも不安になりやすく不調が続き鬱になることも少なくありません。

あくまでバランスが整っている上で女性ホルモンもしっかり働いている体毛の薄い男性がハゲにくい男性の特徴っていうわけですね。

暴飲暴食をしない

髪の毛が抜ける原因は食事内容にもあります。特にアルコールや動物性脂肪分が多い揚げ物や肉などは特に問題となりますね。

毎日のようにお酒やお肉ばかり取っている人は、暴飲暴食の影響で皮脂の分泌が過剰になったり、血液の状態が悪くなっています。

暴飲暴食は睡眠の質を下げたり、栄養バランスによってハゲにつながります。

好き嫌いなくバランスよく食事をとっている

ハゲを進行させないためには食事のバランスが重要です。

好き嫌いなく、野菜も肉も魚もバランスよく摂取している人は特に注意しなくても自然にバランスが取れているのでハゲの問題に繋がるトラブルが発生しずらいのです。

適度な脂肪分、タンパク質、ビタミン、ミネラルこれらは昔ながらの和食を摂取していると自然と摂取できる栄養素です。

この共通点は和食を食べている人はハゲにくいということに言い換えることもできます。

逆に欧米食の代表格である、ステーキ、ソーセージ、ビール、ハンバーガーなど肉類とアルコールに偏った食生活をしている人は食事によって抜け毛が増加する可能性があるので注意が必要です。

タバコを吸わない

ハゲが進行している人には禁煙がオススメされます。

なぜならタバコに含まれるニコチンは血液内に吸収されると活性酸素となり体内のビタミンCとビタミンB群を消費してしまうからです。その結果、髪の毛の成長に必要なビタミンが減少し、成長が阻害されてしまいます。

その点タバコを吸わない人はこの問題が発生しないのでハゲになりづらいでしょう。

睡眠時間が長い

睡眠がしっかり取れている人がハゲない人の特徴です。その理由は、髪の毛や爪や皮膚などを作り出すのに重要な働きをしている成長ホルモンは、睡眠中の副交感神経が優位になっている時に分泌されます。

また分泌量がもっとも多くなる時間帯も存在し、それが22時〜深夜2時までの時間帯になります。

この時間はゴールデンタイムと言われていて、人間の体内リズムの中でもっとも効率のいい睡眠を得ることができる時間帯になります。ですので夜の時間帯にしっかり睡眠が取れていることが重要になるのです。

結果、しっかり睡眠が取れている人はハゲになりにくいということになります。

しかし質が低下している人は睡眠時間が取れていても睡眠不足になりハゲに繋がることがありますので、睡眠の質を見直してみることも大事ですね。

陽気な性格(ポジティブ)

いつも陽気で、ポジティブな思考で穏やかな性格の人はハゲにくい傾向があります。

おおらかで何事にもゆとりを持って生活している人は、ストレスを溜めにくく交感神経と副交感神経のバランスも取れているケースが多いです。

これによってハゲの原因となる血行不良や活性酸素の増加や男性ホルモンの増加を防ぎハゲを自然と予防していることに繋がるからです。

なるべくマイペースでせっかちでないことが重要なポイントです。

頭皮に適したシャンプーを使用している

ハゲを気にしている人にはアミノ酸系シャンプーが最適とされ、高級アルコール系洗浄成分のシャンプーはNGと言われています。

しかし高級アルコール系シャンプーを気にせず使用している人でもハゲない人がいるのは事実です。これは使っているシャンプーが頭皮に合っているシャンプーかどうかに関係しています。

頭皮が刺激に弱く、皮脂が少なく乾燥しやすい人は強い洗浄成分のシャンプーでは問題になる可能性がありますが、皮膚が刺激に強く皮脂もそれなりに分泌されている人は逆にアミノ酸系シャンプーでは洗浄力が低く、洗い残しに繋がってしまう可能性があります。

頭皮が強い

頭皮が強い人はハゲないという特徴をもっています。頭皮が強い人はヘアカラーをしてもハゲないし、パーマを当ててもハゲません。

頭皮が強い人は頭皮の環境が整っていて、適度な皮脂の分泌が行われている、頭皮が分厚いという二つの性質をしっかり持っている人です。

頭皮が分厚いとそれだけ髪の毛がしっかり頭皮に根付くので抜けにくく、栄養を送るための毛細血管も多くなるので髪の毛が成長しやすいのです。

ハゲにくい人になりたかったらこの5つは最低でもやろう!

全ての男性がハゲない人の共通点を持とうと思ってもそなかなか簡単には行きません。人それぞれの習慣や特徴はなかなか変えられないものですね。

そんな人のために無理なく始められる有効な対策方法について紹介していきましょう。

自分の頭皮にあったシャンプーを探そう

ハゲ対策 育毛シャンプー

髪の毛にいいと言われているシャンプー剤には、価格の高いシャンプー剤もいろいろ存在します。

大事なのは、選んだシャンプーが自分の頭皮にあっているかということです。

シャンプーを匂いで選んでいる人も多いようですが、まずは自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを探すようにしましょう。

最初は価格の安いもので試してみて構いません。

洗浄成分の種類でそれぞれのシャンプーを選び、どの系統のシャンプーが自分に適しているのかを見つけるのがいい方法です。

その後自分の好きな香りやデザイン、それぞれの効果などから最適なシャンプーを決めればいいでしょう。

頭皮にいいシャンプーには、アミノ酸系洗浄成分、高級アルコール系洗浄成分、ベタインやノニオンなどのイオン系洗浄成分、天然系洗浄成分が存在します。

肌の強さに自身がある人は高級アルコール系、弱い人はアミノ酸系、もっと弱い人はベタイン系やノニオン系、アレルギーなどがあり敏感肌の人は天然系をおすすめします。

湯シャンのすすめ

シャンプーはしすぎると皮脂を取りすぎてしまいよくありません。

汗をかかない日はシャンプーをせずに熱めのお湯で頭皮を揉み込んで汚れを落とすだけで70%程度の必要最低限の汚れは落ちてくれます。

湯シャンは、髪の乾燥を防ぐので美髪のためにいいと言われています。

過度な頭皮ケアは逆効果です。適度な頭皮ケアを行い頭皮環境を維持することが重要です。

頭皮マッサージ

頭皮が硬くなると血行が悪くなって、髪の毛の成長力が低下してしまいます。さらに髪の毛が成長するための頭皮の細胞の働きも低下し、汚れが詰まりやすくなるなど悪循環です。

ですので、それを解消するためにやさしく指の腹でしっかり頭皮を揉んでやる頭皮マッサージがオススメです。

百会と呼ばれる頭部のてっぺんにあるツボや首から後頭部にかけて点在しているツボを意識して刺激していくと頭部全体の血液がよくなり、成長力が高まります。

MEMO
気を付けることは、爪を立てて頭皮を傷つけないことと、長時間マッサージをし過ぎてて逆に細胞にストレスを与えてしまわないように力加減にきをつけて3分間程度で行うことが効果的でしょう。

有酸素運動

運動しなければいけないと聞くとキツいトレーニングを想像するかと思いますが、そんなことはありません。

歩いたり軽く走るジョギングなどの運動でも充分に効果があります。

大事なのはしっかり頭皮から汗をかくことです。

AGAの脱毛因子であるDHTを汗から排出することができるのでAGAを予防には適しています。

息を詰めて行う無酸素運動、つまりきつい筋トレなどは男性ホルモンを増強してハゲに繋がってしまいます。あくまでも無理をしないで、しっかり呼吸をして酸素を取り入れることができる軽運動が効果的です。

ストレスの発散

交感神経が優位になると毛細血管が細くなって、血圧が上がります。また血液内に活性酸素も増えて栄養を消費します。

これを抑えるためにはストレスを発散することが重要です。ストレス発散に有効な手段としては入浴、読書、運動、音楽鑑賞、散歩などが挙げられます。

各自がハマっている趣味などに没頭するのもいいでしょう。

まとめ

ハゲる人とハゲない人とでは性格的にも体質的にも異なる共通点があることがわかりましたね。

ハゲない人の特徴をまとめますと

ハゲない人の特徴

  • ポジティブでストレスを溜め込まない
  • 体毛が薄く髪の毛が多め
  • 規則正しく生活し、しっかり寝ている
  • バランスの整った食事が取れている
  • タバコを吸わない

ということが共通点となります。

早い段階からハゲない人の共通点を見習ってハゲになりにくい体を手に入れましょう。

高濃度リデンシル配合!育毛剤【プランテルEX】
プランテルEX
薬用プランテルEXは、話題の『リデンシル』がなんと5%(業界最高クラス!)も高濃度配合された育毛剤です。製薬会社×毛髪診断士×スカルプケアサロン×育毛剤メーカーなど髪のプロフェッショナルの共同開発により、成分バランスが抜群で現在品薄状態になるほどの大人気育毛剤です。当サイトでも口コミ人気、売れ筋No.1のイチオシ育毛剤です!

公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です